Google Stadiaは月9.99ドル!14か国で11月開始(日本抜き)初期タイトル発表

Googleがストリーミングゲームサービス Stadia の詳細を発表しました。サービスの開始は今年2019年11月に、日本を含まない世界14か国から。

価格は定額遊び放題で4K HDR 60fps映像・5.1ch音声対応プランのStadia Proが月9.99ドル。そのほか2020年以降には、タイトルごとに購入すればそのゲームだけ遊べる買い切り(1080p 30fps映像・2ch音声に制限)も提供します。

ロンチ14か国向けセット商品として、低遅延で遊べるStadiaコントローラひとつ(単品69ドル)、テレビで遊ぶためのChromecast Ultra (4K HDR対応, 59ドル)、3か月分のStadia Proサブスクリプション x2(片方は他ユーザーへのプレゼント専用)、独占でStadia Name (ユーザー名)を確保できる権利が含まれた Stadia Founder’s Edition も発表しました。価格は「総額300ドル分の価値」で129ドル。本日より予約を受け付けます。

 

公開されたロンチタイトルは、

Dragon Ball Xenoverse 2
Doom Eternal
Doom (2016)
Rage 2
The Elder Scrolls Online
Wolfenstein: Youngblood
Destiny 2
Get Packed (Stadia独占)
Grid
Metro Exodus
Thumper
Farming Simulator 19
Baldur’s Gate 3
Power Rangers: Battle for the Grid
Football Manager
Samurai Shodown
Final Fantasy XV
Tomb Raider Definitive Edition
Rise of the Tomb Raider
Shadow of the Tomb Raider
NBA 2KBorderlands 3
Gylt (Stadia独占)
Mortal Kombat 11
Darksiders Genesis
Assassin’s Creed Odyssey
Just Dance
Tom Clancy’s Ghost Recon Breakpoint
Tom Clancy’s The Division 2
Trials Rising
The Crew 2

このほかカプコン、EA、ロックスターなど参入発表済みでタイトル未発表のパブリッシャーもあります。Googleは自前の Stadia専用タイトルを開発中ですが、こちらも詳細は不明。

引用元:https://japanese.engadget.com/2019/06/06/google-stadia-9-99-14-11/

Fallout入ってないの?

まあ良いけど。

必要なネットワーク帯域は、最低限の720p映像で遊ぶために10Mbps以上。1080p HDR 5.1chサラウンド
で20Mbps、4Kには30Mbps~など。必要なネットワーク帯域は、最低限の720p映像で遊ぶために10Mbps以上。1080p HDR 5.1chサラウンド
で20Mbps、4Kには30Mbps~など。

これけっこうキツない??

だってウチ、常に10Mbps以下よ?

ギリギリ720pかぁ…最低1080pは欲しいよな~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました